--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-30(Mon)

私立と公立の違い?

卒園式も無事に終わり、次は入学式。

実は4月から公立(市立)保育園に行くのですが、これまでの私立(社会福祉法人)の保育園とどう違うかなんて考えてませんでした。

ところが・・・

入園の説明会→曜日
入園式→曜日
おみしり遠足→曜日


これまで、主な行事は土曜日にあるのが普通だと思っていました・・・。
(だからといって、すべてに参加してるわけではありません)

行事が・・・すべて平日なんて・・・。
保育園に通うので、共働きが前提ですよねえ。どういうことなんでしょう。

前向きに考えると、
この保育園は、たまたま“土日が忙しい仕事の保護者が多い保育園”なのかもしれません。

ちょっと下がる(後ろ向きに考える)と、
子どものためなので、“愛情があれば困難を乗り越えられる”と、あえて試練を与えてくれているのかもしれません。

さらに下がると、
園長以下、“公務員なので、土日出勤はできるだけ避けたい”・・・ということかもしれません。

これより下がると、保育園に行けなくなります。

想像だけでは解決しないので、きちんとした理由を教えてほしいと思います。
(嫁さんには反対されますが)

保護者の方は何も言わないのでしょうか。(不平不満とか・・・改善提案とか・・・)
このご時世、なかなか仕事を休みづらいというのを知らないのでしょうか。
まあ、保育園はあくまでも「福祉事業」なので、「サービス」とまではいかないまでも、考えてほしいものだと思います。

(理由を聞いてないので、何とも言えないところです)

入園・進級のしおりに少し目を通しました。
4月から楽しみです。(ネタが多そうなので!)
スポンサーサイト
2009-03-29(Sun)

卒園式でした。

昨日は保育園の卒園式でした。
(私は仕事で行ってません)

年長ではありませんが、4月から他の保育園に通うので、現在の保育園の卒園です。
なので、年長さんの保護者に交じって嫁さんが式に出席しました。

感動的な式だったようです。
「ありがとう」というメッセージを込めた歌を子どもたちが歌うんですよね。
あれには保護者(おじいちゃん、おばあちゃんも)泣かずにはいられません。

娘はというと・・・後ろのほうで、遊んでいました。
まあ、まだ分からないんでしょうけど。

本当の卒園式では、泣いてしまうんでしょうね。
2009-03-25(Wed)

赤ちゃん返り?

嫁さんの友人に赤ちゃんが生まれたということで、娘を連れてお祝いに出かけた。

後で、二人に感想などを聞いていると、嫁さんが苦笑いしながら、
「見て、おむつはいてるのよ」
と娘を指して言った。

え?

見ると、普段のパンツの上から紙おむつを履いているではありませんか。
「なんでおむつ履いてるの?」
と娘に聞いても
「はきたかったの・・・」
としか言わない。

なんでも、赤ちゃんのところに遊びに行った後、しきりに
「おむつはきたい!」
と駄々をこねはじめたらしいのである。

これって、“赤ちゃん返り”の一種ですよね。
実際に娘の赤ちゃん返りを間近に見て、ちょっと驚いた。

もっとかまってほしい・・・
もっとちやほやされたい・・・

そう思ったのでしょう。
みんなに優しくされる赤ちゃんがうらやましかったのかもしれない。

我が家では、もうしばらくは大丈夫の予定・・・。
2009-03-22(Sun)

「ねないこだれだ」の効果2

以前、絵本の「ねないこだれだ」を怖がって、すぐに寝る、という話を書きました。
半年ほど前のことです。

ねないこだれだ

今でも、以前ほどではありませんが、怖がります。

今日は、県立図書館へ3週間ぶりに絵本を借りに娘と二人で行きました。
(返却は一週間の延滞です。すいません)
ほとんど娘に選ばせるのですが、表紙を見て直観的に決めていきます。
でも今回は、どうしても
「『ねないこだれだ』かりる~」
と最初から決めていました。
私が探しても見つからなかったので、
「きっと、お友だちが借りてるのよ」
と、諦めさせようと言っても
「『ねないこだれだ』かりる~」
と言ってききません。(なぜここまで執着するのか分かりません)
そして、再び見つからないことを説明すると
「えほんのひとに、だしてもらおう」
とまで言います。「えほんのひと」とは図書館のスタッフの人のことです。
仕方ないので、探してもらうようお願いしました。
検索では貸し出してないので、あるはずなんですが、スタッフの人も見つけ出すことができず、書庫まで行ってもらい、ようやく借りることができました。

そして夜。
娘を寝かすときに、
「借りてきた『ねないこだれだ』読もうかね」
と言うと、
「いやだー」
と即答。
「・・・」
なんなんでしょう・・・。
怖いからだと思うんですが、あそこまでしつこく借りたがったのに、ほんと不思議です。
たまたまそういう気分だったのかもしれません。
でも、ずっと「いやだ」と言ったら、図書館のスタッフの人に申し訳ないです。すいません。
2009-03-15(Sun)

「おひめさま」と「おじさま」

最近、保育園などで、女の子の定番の物語である「白雪姫」「シンデレラ」「眠れる森の美女」などを読んでいるようです。
その影響もあって、「おひめさまごっこ」(?)をしたがります。
“ごっこ”といっても、私や嫁さんなどの配役を決めるだけ。

「わたしは、おひめさまね」
そして、
「おかあさんは、しらゆきひめで、おとうさんは、おうじさま」
など。
(白雪姫もお姫様なんですが・・・)

あるとき、娘が「おとうさんは、おうじさま」と言ったときに、私が聞き間違えて、
「え、おとうさんは、おじさま?」
と言ったら、娘と嫁さんは大笑い。

娘はそれ以降、すっかり気に入って、
「わたしは、おひめさまで、おかあさんは、しらゆきひめで、おとうさんは~・・・おじさま!」
と自分で言って、笑う。(まわりもつられて笑ってしまう)
要するに、ウケ狙いでわざと言うのである。

最初は、おいおい!と思ってたんですが・・・
「おうじさま」はちょっと気恥ずかしい、でも、よく考えると「おじさま」も悪くないかも。
(「おじさん」はいやだけど・・・)
2009-03-13(Fri)

ステージショー

子どもの成長は早いもので、言動もどんどん多様化しています。

娘の最近気に入っていることに、「ステージショー」があります。
これは、ソファーの上に立って、マイクを握るマネをして、歌や話をするというもの。

始まる前に、
「『みなさんで拍手をお願いします』って言って!」
と、私や嫁さんに娘からMCの指示があります。
なので、
「みなさん、盛大な拍手をお願いします。○○で歌は○○です。どうぞー」
のようなことを、こちらで言ってあげます。
すると、“スタスタスタ”と、そでからマイクを持った(マネ)娘が歩いてきて、ソファーの上に乗ります。
そこで、
「○○を歌います。♪~」
歌う内容は決まっていて、私や嫁さんが知らないもの。
たまにアンパンマンがあります。
歌い方も、誰かをマネしているようで、ものすごく低い声を出し、よく聞き取れません。
(かなり笑えます)

そうかと思うと、急にはしゃぎだし、一人芝居のようなことを始めます。
お笑い芸人のマネをしていることもありますが、自分でやって、自分で笑い転げているので、こちらはますます「???」です。
まあ、それも見ていて面白いんですけどね。
たまに下ネタがあるのはちょっと・・・と思いますが。

ようやく女の子っぽいなあと思えるようになりました。
(それまでは、ただの“やんちゃぼうず”だったので・・・)
2009-03-05(Thu)

よだれっ子卒業!?

3歳を過ぎても、大量のよだれを出し、「よだれかけ(おむね)」がとれない娘でしたが、最近少しずつ減ってきています。
ここ2、3日は「よだれかけ」をしていません。
食欲旺盛なのは相変わらずなので、いい兆候です。

娘に、
「最近、おむねしないねえ」
と聞くと、
「だって3歳だもん。お姉ちゃんだもん」
と指を3本立て、自信たっぷりに言います。

まだ「お姉ちゃん」には早いと思いますが、娘には「ぬいぐるみ」というたくさんの妹や弟や子分がいるからでしょうか。

ただ、全く逆のことも言います。
例えば、おもちゃで遊んで、散らかしたままのときに、前の“お姉ちゃん発言”を逆手にとって、
「もうお姉ちゃんでしょ、ちゃんと片付けなさい」
と言うと、
「だって3歳だもん。一人でできない・・・一緒にして!」
と泣きそうな顔に。
(仕方なく、一緒にしますが・・・)

そういう時期なんでしょうね。
あまりプレッシャーを与える発言は良くないので、気をつけていますが、同時に、娘にもっと自信をつけさせたいとも思っています。

本当に、よだれが止まると嬉しいです。(長かった・・・)
何よりも成長しているという実感が湧きます。
ぽっちゃりと成長しているのは気になりますが・・・
2009-03-01(Sun)

おひな様

3月3日はひな祭りです。
ちょっと前から、実家にお雛様を飾っています。
ひな人形

ひな人形2

何段もあるような、豪華なものではありませんが、なかなか品格があり、気に入っています。
ただ、この大きさなので、組み立ては簡単なはずなのに、部品が一つ余りました。
(今だに謎のパーツが転がっている・・・)
見た目、支障がないので、ほっといていますが。

娘が、保育園で習ったのか、おひな様の歌を最近よく歌います。
このお雛様を見て、
「ふえ・たいこは?」
と聞いてきました。(五人囃子のことですね)
「うちのにはいないね」
と答えると、
「どうして?」
と、さらに質問が・・・。
「・・・小さいおうちだからね」
(ちょっと答えになってないけど)
それ以上、このことで娘からの質問は出ませんでした。
興味を失ったんですね。おそらく。

そのうち、このひな人形の良さを理解してくれると思います。

ブログランキング
人気ブログランキング

FC2 Blog Ranking

プロフィール

カラパパ

“カラパパ”と申します。

「子ども力」によって、毎日の仕事に励んでいる38歳です。
よろしくお願いします。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
カウンター
地元熊本情報です。
私たち家族が住む「熊本」の情報です。熊本県の観光・歴史・グルメ情報などを一部問題形式で掲載しています。
検定に出ない熊本雑情報ブログ2
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
成長しています。
あし@試運転中・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。