--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-30(Tue)

カテゴリーのタイトル一覧表示

現在、カテゴリー別に記事を分けていますが、「日記」が増えてきたので、整理の意味を含めてタイトル一覧表示機能を無理やり入れました。

うまく表示されるといいのですが・・・。
スポンサーサイト
2009-06-19(Fri)

ボーリングに挑戦!

食後の運動ということで、ボーリングをしました。
娘を連れて2回目。
前回は、とてもできる状態ではなく(2才のとき)、実質的に娘にとって初回のボーリングです。

一番軽いボールでも、両手でなんとか抱えることができる程度。
そのため、投げることなんてできないので、子ども用のすべり台装置を使います。

ボーリング1

上にボーリを乗せて、「エイ!」と押すと、ピンまで転がっていきます。
娘が投げるときには、溝に入らない(ガターにならい)ようにバーが飛び出すので、それなりに楽しめます。

ボーリング2

人のを見て、ボールを拭く真似などもしています。
(↑結構“さま”になっているので笑えます)

途中、ボールを運んでいる途中で転んでしまい、大泣き
口の中を切って、出血してしまいました。

そんなこんなでなんとか1ゲーム終了。
「つかれた、もうしない」
と言ったので、嫁さんと二人で2ゲーム目を楽しみました。
(翌日筋肉痛

その後、UFOキャッチャーなどのゲーム機でも遊びました。
ボーリングよりも楽しかったようです。

娘には、まだボーリングはハードだったのかもしれません。
家に帰ってからは、
ゲームをしに、ボーリングに行きたい
と言っていました。
2009-06-14(Sun)

子どもって下品が好きですよね。

子どもって、「う○ち」や「おち○ちん」などの言葉を言うのがなぜか好きですね。
周りの大人の過剰な反応を面白がっているのかもしれません。

先日、私は本を読んでいたら、娘が
「お父さんの絵本は分からんねえ」
と言ってきました。
もちろん文字ばかりの本なので、娘に分かるはずもありません。
なので、絵本でもありません。

そこで嫁さんが、
「これは絵本じゃないのよ、文庫本よ」
と娘に教えました。
(文庫本という教えたかも難しかったかも・・・)

そのとき、娘の目が輝きました。
そして、ニコニコして、
「お父さんの本は、う○こ本だって~」
と喜んで言うのです。

「“う○こ”、じゃなくて“ぶんこ”!」

と言っても時すでに遅し・・・。

ひょっとしたらワザと間違っていったのかもしれません。
まあ、生まれで初めて「ぶんこ」という単語を耳で聞いたときに、耳慣れた「う○こ」をとっさに認識してしまうのも無理はありませんが・・・。

翌日も、
「お父さんの本はう○こ本だよね」
と言ってきました。

私が
「ぶ!」
と言うと、娘は
「う!」
とワザと言って、ケラケラと笑います。

あきらめました・・・。
ワザとなんで、まあいいでしょう。
こちらも笑えるし。
2009-06-10(Wed)

パパ目線の子育てエッセイ【其の5】「どっちが好き?」

パパが子育てについて、どのような考えを持っているのかを、ほんの一例として知ってほしいという願望から始まった企画で、子育て支援情報誌「カラフルぱれっと」に掲載しています。

「どっちが好き?」

 3歳になる娘は、いろんなことに興味を持ち、「好き」なものがたくさんできた。
食べ物でいうと、いわゆるお菓子類。チョコレートや飴やガムやケーキなど。もちろん大人も大好き。
 また、テレビ番組のアンパンマン、プリキュア、ゴーオンジャー、キティちゃんなどなど。話を合わせるために、できるだけ情報を仕入れるのに大変である。
 ある日の朝、保育園に送る途中、歩きながら娘に聞いてみた。
「チョコレートと飴はどっちが好き?」
「チョコレート!」

と即答する娘。ちょっといじわるして、
「チョコレートとアンパンマンどっちが好き?」
「うーん、アンパンマン!」

最終的にどうやら今一番好きなのは「プリキュア」らしいということが分かった。(女の子に人気のアニメです)
 そして、さりげなく聞いてみた。
「プリキュアとお父さんはどっちが好き?」
「・・・お父さん!」

よかった。当然だと思いつつも、正直かなりホッとした。
アニメのキャラクターに負けるほど、まだ落ちぶれてはいない。 3歳ということもあり、一応素直な答えだと思うし、・・・。
(お父さんとお母さんどっちが好き?)
 これだけは、聞けなかった。勇気が出なかったというより、負けると分かっているし、そのことを娘の口から聞きたくはない。
 もうしばらくは、楽しい子育てが続きそうだと思った。
2009-06-08(Mon)

さすがNHKの子育て掲示版

子育てに関するサイトは数多くあります。
そんな中で先日からたまに見るサイトが「NHKラジオビタミン」の「みんなで子育て」という番組の投稿サイトです。

http://www.nhk.or.jp/vitamin/bbs/index.html

車で移動するとき(仕事で)は、もっぱらNHKラジオを聞いています。
(時間帯によりますが・・・)
なので、この番組も何回か聞いたことがありました。

さすがNHKと思うことは、みなさんとても真剣に投稿されているということ。
(もちろんチェック後のアップだと思います)
なので、とても参考になる内容が多いのです。
私もコメントをしてみました。
単純にNHKのサイトに掲載されるというのも何故か嬉しかったりします。

ちょっと年齢層が高いのが気になりますが、皆さん子育ての大先輩たちです。
いろんな角度から、子育ての意見を聞いてみてはいかがでしょうか。

あと、ラジオで放送されることもありますよ。
2009-06-02(Tue)

「はじめてのおつかい」~パパ目線のおすすめ絵本その3

絵本紹介の3回目です。
先日も県立図書館に行きましたが、絵本を選ぶのって難しいですね。
たくさんあるだけに、どれを借りてよいものか・・・
ちなみに私は、
①「娘に選ばせる」・・・娘に自由に選ばせて借りるもの。
②「私が選んで娘に確認する」・・・私が選び、娘に読むかどうか確認して借りるもの。
③「私が選ぶもの」・・・私が勝手に選んで借りるもの。

の3つの組み合わせで7~8冊借りています。

さて3回目は、

はじめてのおつかい

「はじめてのおつかい」
筒井頼子/作、林明子/絵、福音館書店


です。

確か娘が2歳になってから初めて買った絵本だったと記憶しています。
子どもは初めて一人でおつかいにいくというストーリーの絵本です。
(おなじタイトルのテレビ番組もありますね)

主人公は5歳の“みいちゃん”。お母さんに頼まれて、牛乳を買いに行きます。
初めての冒険に読んでいるこちらもハラハラドキドキです。

私が気にいっているところは、絵の緻密さと遊び心です。
他の絵本に比べ、全面に丁寧に絵が描かれています。
そして、背景の家々などを見ると、ピアノを弾いている子どもがいたり、オウムが鳥かごから逃げ出していたり・・・単なる背景だけどもちょっとした“遊び”が盛り込まれているんです。

子どもとそんなところを発見し、ストーリーから脱線して楽しみます。
ちょうど、描かれている時代が、私の子どもの頃(1977年発行)というのも気に入っている理由です。
(なんとなく懐かしく感じます)

また、子どもの目線が大人とかなり違うということも学ぶことができます。
すぐそこのお店でも、子どもにとっては遠い遠い場所なんです。

この本は、読んであげながら、自分も楽しんでますし、いつ“一人でおつかい”させようなかあと想いを巡らせています。
ブログランキング
人気ブログランキング

FC2 Blog Ranking

プロフィール

カラパパ

“カラパパ”と申します。

「子ども力」によって、毎日の仕事に励んでいる38歳です。
よろしくお願いします。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
カウンター
地元熊本情報です。
私たち家族が住む「熊本」の情報です。熊本県の観光・歴史・グルメ情報などを一部問題形式で掲載しています。
検定に出ない熊本雑情報ブログ2
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
成長しています。
あし@試運転中・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。