--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-28(Fri)

心理テスト

今日家に帰ってみると、いつものように娘がお絵かきをしていました。

(また、アンパンマンか?)

と思いながら見てみると、驚きました。

お絵かき

いつの間にか、かなり進歩しています。
最初は、娘が描いたのではないと思いました。
(もしくは嫁さんが手伝ったのでは?と)

娘に聞いてみると、自分で描いたと言い張ります。
(実際そのようです)

この進化は、例えていうなら、
“頭のいいチンパンジー” ⇒ “クロマニヨン人”
くらい、劇的な進化を遂げています。

何を描いたのか聞いてみると、

「Mちゃんと、お母さんと、お父さん」

ということでした。

真ん中の一番大きいのが娘で、左側が嫁さんです。
そして、右側のクリオネのようなのが私です。

娘が自分中心だというのは分かりますが、私の存在が小さすぎです。

「どうして、お父さんは小さいの?」

と聞いてみました。すると、

「なんか・・・むずかしかった」

と気を使ってくれます。

私の絵が大きくなるように、がんばらないと!と思ったのでした。
スポンサーサイト
2009-08-24(Mon)

アンパンマンのおはなし してっ!

朝から娘を保育園へと連れて行きます。
約20分くらい車で移動します。

この間、アンパンマンが大好きな娘は、私に

「アンパンマンのおはなししてっ!」


と要望します。

これは、アンパンマンのストーリーを話して聞かせてということなんです。
当然知っている訳でもないので、うるおぼえのストーリをはしょって聞かせます。

それでもとても喜びます。

次第にネタも尽きてくるので、途中から創作になります。
架空のキャラクターに、てきとーなストーリーで、時間をつぶします。

そのうちに、あまりも私がてきとーだったせいか、自分でもできると思い、私が話し終わると、

「今度はMちゃんね」


と言って、娘が話し出します。
ほとんどが支離滅裂で理解不能ですが、たまに秀作も生まれます。
それも含めてとても面白いんですねえ。

でも、必ず私から。

最初にタイトルを言うのですが、定番は、「アンパンマンと○○マン」と言った感じです。
そして、話が終わると「おわり」と言います。

先日は、娘が、

「アンパンマンとおわり」

と言って、一人で笑い出しました。
要は、タイトルを言った瞬間に話も終わるということのようです。
(思わずコケました)

「何それ~」

と突っ込むと、娘は、

「こんどはちがうはなしね」

と言って、

「ばいきんまんとおわり」

と言って、またケタケタと笑うのです。

一体、どこで覚えてくるんでしょうか?

おわり。
2009-08-17(Mon)

アンパンマンを描くようになりました。

アンパンマンが大好きな娘は、ついにアンパンマンを描くことができるようになりました。

以前から、描いていたことは描いていたんですが、まだまだアンパンマンと識別できる状態ではありませんでした。
それが、つい最近、なんとなく判るようになってきたのです。

アンパンマン

どうでしょう。
言われれば、そう見えると思いませんか?

お盆

お盆に、親戚の子どもたちに遊んでもらいました。
(小3と中1)
絵を描いてもらって喜ぶと同時に、自分で描いた絵を見せて、
「かわいいでしょっ」
と自慢していました。

お兄ちゃんとお姉ちゃんは、上手に相手してくれました。
ありがとう。

2009-08-13(Thu)

“しりとり”が苦手

最近、娘は“しりとり”ができるようになりました。

成長していますねえ。

で、

「しりと」→「り」→「すず」→「めだ」・・・

と、定番の流れが続くことがありますが、「アンパンマン」が大好きな娘は、

「おむすび」→「おむすびまん」
「ジャム」→「ジャムおじさん」
「たいこ」→「たいこマン」


と言って、「マン」「さん」を付けてしまうので、すぐ負けてしまいます。

「“マン”や“さん”を付けたら、“ん”が付くからすぐに終わるよ」

と教えたら、

「うん、わかった!」

と意外と素直に返事をします。

私が、「めだか」と言うと、

娘は、「カレーパン!」と大きな声で言います。

確かに、“マン”は付いてませんが・・・

「アンパンマン」「ばいきんまん」「しょくぱんまん」などは、「マン」を取っても「ん」で終わります。
(実は結構多いんです)

不満そうな娘。(←お父さんの言うとおりにしたのに・・・と言いたそう)

当分は、“しりとり”が弱い状況が続くでしょうね。
それでも、かなりの成長で、嬉しいものです。

(もちろん、たまにわざと負けてあげますよ)
2009-08-09(Sun)

保育園のぬりえ

娘が保育園から、ハガキよりも少し小さい紙切れに、ぬりえをして持って帰ってきます。
キャラクターの“ぬりえ”なんですが、いつもなぜか、

おでんくん

なんです。

「おでんくん」←知らない人はこちら

リリー・フランキーの絵本が元のようですが、最初はシュールな内容なので大人向けだと思ってました。
子どももしっかり楽しんでいます。

その“おでんくん”のぬりえ(1枚)をいつも持って帰ってくるのです。

保育園の話によると、(嫁さんに聞きました)

「女の子向けのぬりえは、“おでんくん”くらいしかないんです」


と、先生。
えーと、おでんくんって女の子向け???

そもそも、紙切れのぬりえがおでんくん(2パターンほど)しかないなんて・・・。

さっそく嫁さんに、うちにある「キティちゃん」のぬりえ(本)を保育園に寄付するように言いました。
公立なので、財政難なのは分かりますが・・・なんか悲しいです。
(でもちょっとおかしかった
2009-08-05(Wed)

選挙に関心・・・

世の中(?)は、選挙モードですね。
なんとなく、そう思います。

これまで、なんとなく考えていたのですが、今回の各党のマニュフェストで、“子育て”に関連するとことが気になってしまいます。

・保育料や授業料が無料になる(安くなる)
・出産一時金が増える
・育児手当が増える


などなど、細かく見ていないのですが、上記の点に触れられているようです。
(どこの党がどれという訳ではありません)

どれも、今よりは良くなるという話なので、歓迎です。
でも不安なんですよね。
本当に実現するのかどうか。
餌をぶら下げられている気分もしますし・・・。

子どもにとって、暮らしやすい世の中になって欲しいものです。
それは、私たちが築くべきことでもあります。

そういう意味でも、さらに関心を持って、政治を見てみようを思います。
ブログランキング
人気ブログランキング

FC2 Blog Ranking

プロフィール

カラパパ

“カラパパ”と申します。

「子ども力」によって、毎日の仕事に励んでいる38歳です。
よろしくお願いします。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
カウンター
地元熊本情報です。
私たち家族が住む「熊本」の情報です。熊本県の観光・歴史・グルメ情報などを一部問題形式で掲載しています。
検定に出ない熊本雑情報ブログ2
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
成長しています。
あし@試運転中・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。