FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-11(Tue)

娘と日本の風物詩を食す。

干し柿

秋から冬にかけて、各家庭の軒先に“干し柿”が見られます。
これぞ風物詩!といったところでしょうか。

写真は、食べごろ3日前の貴重な一枚。
我が家(アパート)のベランダに干された3個の柿のうちの一つです。

よく見てください。
これは渋柿ではありません。
甘柿(元山)なのですが、渋が戻ったために干しているもの。
つまり、渋(若い柿)→甘(ごまがびっしり)→渋(渋が戻る)→甘(干し柿)という紆余曲折を経て、最終形へと変貌を遂げているところなのです。

娘が1才くらいの頃は、干し柿を与えると「チュバチュバ」とくわえ、数時間はもったものです。
そのせいか、今でも柿や干し柿が好物の一つ。
ベランダで柿を見つけると、
「ほら~柿だよ」
と言って、食べたそうにします。

まだ水分が残っている状態(甘くなってきているが、まだやわらかい状態)がベストなのですが、そのタイミングは難しいですね。
あまり甘くなりすぎるのは好みではないので、そうなったものを娘に食べさせます。
もちろん大喜びで食べてくれます。

現在2クール目(1個ですが)を吊るしています。
1個なので、娘と半分にしようと思います。

嫁さんは、アパートのベランダに吊るすこと自体反対しています。
(はずかしいとかで・・・)

いやいや、これが日本の風物詩なんですよ。
そのうち分かってくれるはずです。きっと。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

ブログランキング
人気ブログランキング

FC2 Blog Ranking

プロフィール

カラパパ

“カラパパ”と申します。

「子ども力」によって、毎日の仕事に励んでいる38歳です。
よろしくお願いします。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
カウンター
地元熊本情報です。
私たち家族が住む「熊本」の情報です。熊本県の観光・歴史・グルメ情報などを一部問題形式で掲載しています。
検定に出ない熊本雑情報ブログ2
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
成長しています。
あし@試運転中・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。